<特別投稿>今帰仁城跡や周辺の発掘、修復や管理をおこなう文化財係り。専門家の目がとらえた今帰仁城跡。

復元された古宇利殿内

今帰仁城跡の外郭には古宇利殿内と呼ばれる祠があります。平成21年度の今帰仁城跡の整備事業で復元されました。

この祠の復元にあたり、参考になった写真がこの写真(上)です。

撮影されたのは森正三という方で、森氏は昭和11年頃から沖縄を撮影されていたとのことですので、昭和初期頃戦前期の撮影かと考えられます。掲載されているのは『写真集沖縄』那覇出版(S59)の写真集で、タイトルには今帰仁城内の拝所となっています。

この古写真に基づき屋根の瓦の枚数を数えて、屋根の復元を行いました。現在まで残されていた屋根やコンクリー造になっていましったので、これを旧来の古い写真のとおりに復元したのです。また、基礎部分の石壁などは、現地に残っていた石積み遺構などに基づいて復元しております。

移設先は景観や、活用などを考慮して、また参拝の方向は現在まで残されている遺構のとおりにしております。ご神体の石や、香炉はそのまま移設しておりますので、旧状をよく伝えているのではないでしょうか?

この復元された古宇利殿内も新たな参拝地として、また来訪者が多く訪れる見学ポイントとなることを期待しています。

 

古宇利殿内古写真.jpg

 

DSC_0034.JPG

ブログ記事一覧