<特別投稿>今帰仁城跡や周辺の発掘、修復や管理をおこなう文化財係り。専門家の目がとらえた今帰仁城跡。

沖縄の北にある島「トカラ列島」(1)

南西諸島は九州島から台湾の間約1200kmに連なる島々です。

すべての有人島には一生をかけどうにか行こうと考えています。

種子島は一度行くことができました。奄美諸島はほぼすべて行っています。沖縄は慶良間諸島にまだ行けてないところが少々ありますがそのうちいずれ、と考えています。先島も与那国や鳩間など少し行けてないところがありますがほぼ訪れました。その中で尖閣と大東を除き沖縄の歴史を考える上でも重要な島嶼群ながらも一度も足を踏み入れていない島々が、トカラ列島です。

今回初めて十島村のうちのひとつ「平島」に上陸することができました。

調査は、海岸で陶磁器が拾えるという情報が寄せられ、沖縄、鹿児島、福岡などから編成された調査チームで現地を確認する調査です。調査の詳細については追ってきちんと報告しますので、調査外の島の見聞を綴ってみたいと思います。

まず島の形が違う。(平島の位置情報などは、検索して地図をご覧いただきたいと思いますので割愛)

沖縄をはじめ日頃私がよく訪れる島はいずれも平たい島です。サンゴ礁が隆起した土地なので、平たいけれど、こちらは火山島なので、山が海まで迫っているような独特の景観です。

R0011667.JPG

▲写真:船から眺めた平島

ブログ記事一覧