<特別投稿>今帰仁城跡や周辺の発掘、修復や管理をおこなう文化財係り。専門家の目がとらえた今帰仁城跡。

大隅の整備の履歴(2)

大隅は比較的広く開けた空間であるものの、総じて岩山が露出した得意の景観となっている。平たんな土地はやや少なく、地形的特徴としてはドリーネ状のくぼんだ土地がそのまま郭となっている。

現在では、ご紹介いただいているような景観となってしまったが。このように郭内の空間伐採が進んだのはほんの10余年前のことである。

outibara.jpg

出典:http://nakijingusuku.com/guidein/2010/03/post-2.html

 

写真2点は、平成12年以前まで見られた大隅の景観である。平成13年度から石垣全体が見渡せるような整備が行われ、今のような景観となっている。

樹木がさぱりすすぎたきらいもあり、少しは残すべきではなかったかと反省することもしばしば。石垣が一瞥できるようになったのは、よいことだと思うこともしばしば。

整備について全員が納得するような正解はなかなかないが、城が現役であった時代は確かに木々はなかったのだろうが、ある程度はどこか森を残してもよかった気もする。

 

No109.jpg No044.jpg

 

 

ブログ記事一覧