大隅(ウーシミ)

osumi.jpg平郎門を入ると、すぐ左手に大隅の入り口があります。大隅から馬の骨や歯が大量に発見されたので、戦いに備えて馬を訓練していたと考えられます。
大隅の郭は岩盤が露出していて趣があります。大隅中央に開口する自然の洞窟は、非常時の抜け道に使われ、志慶真川の崖の中腹に出られるといわれています。

大隅の郭を上から見たところ
大隅の郭を上から見ると、城壁の曲線がよくわかります。


大隅の郭内部から見た城壁
大隅の郭へ入ると、広さを実感でき、馬の訓練場だったのもうなずけます。



大隅の郭には巨大な岩盤が露出している
巨大な岩盤が露出していて、しかも同じ方向を向いて並んでいます。



大隅の洞窟は自然に出来た鍾乳洞
大隅の洞窟は天然の鍾乳洞です。中は鍾乳石が垂れ下がり、小型のコウモリが棲んでいます。中へ入ることは残念ですが、できません。

洞窟は、昔は志慶真川沿いの崖の中腹に抜けられたと伝えられています。

大隅の洞窟の鍾乳石
鍾乳石の写真は案内板より。