カーザフ

カーザフは水のある谷の意で昔は水があったかもしれない。

カーザフとは「水のある谷」を意味します。昔は水があったかもしれません。
平郎門を入り、すぐ右側の階段を登ると見ることができます。自然の険しい谷間を巧みに取り込みながら、城壁を廻らせています。

今帰仁城には堀はありませんが、このカーザフが天然の堀といえます。非常に深いので、ここに敵が入り込んだら最後、上から矢や石が雨のように降ってくるでしょう。守る側にとって有利な構造ができています。

カーザフは水のある谷の意で昔は水があったかもしれない。
カーザフ全景



カーザフから外郭西側の城壁が見える
カーザフの2辺の城壁は、道路の下で、外郭西側の城壁とつながっています。写真中央に道路がある。


カーザフの左側にある高いところは物見台か?
左上の高い石積みは、物見台か?


今帰仁層と呼ばれる層状岩盤が見える。
岩盤は層状になっていて、今帰仁層と呼ばれます。岩盤を割るとき、平らで四角い石が採れるので、城壁を積むのに具合がよいのです。