供のかねノロ殿内火の神の祠

とものかねノロどぅんちひぬかんのほこら

tomonokanehinukan.JPG供のかねノロは、今帰仁ノロのお供を務めたノロです。
祠には香炉が1つ置かれています。周囲は平坦地になっていて屋敷地だったことがわかります。小道を進めば今帰仁ノロ火の神の祠へ通じています。
薩摩軍襲来の後、他のノロと共に現在の今泊集落に移転しました。
「殿内(どぅんち)」とは位の高い人またはその屋敷を指します。「火の神」はひぬかんと呼ばれます。