サカンケー

IMG_1209.JPGサカンケーとは「逆迎え」や「酒迎え」と解されています。
クバの御嶽で祈願するとき、山に登れない人はここで待っていて、祈願を終えた一行を迎え、神に別れの祈りをしたとされています。また、共にご馳走を広げ、飲食したので酒迎えというのでしょう。
現在はクバの御嶽に行かずここで祈願をする人が多いので、遥拝所として利用され通称「お通し」と呼ばれています。