ハンタ道を歩きました。梅雨の晴れ間なら大丈夫。

ハンタ道5-001 沖縄はすでに梅雨入り。梅雨の合間にハンタ道を歩きました。しばらく歩いていなかったので、すぐに足腰が痛くなりました。初めて歩く方は、こんな風に大変なのかと推察します。

 

雨あがりは道の石がすべるので、石を踏まないように登ります。登り始めが急なので、ご注意を。

 

 ハンタ道5-002

ハンタ道5-003 ハンタ道5-004 ハンタ道5-005 ヒハツモドキです。コショウの仲間。ヒハツモドキが食べられるかどうか、インターネットで調べてみたら、食べた人がいました。炒って、すりつぶして食べれば、コショウの味とのこと。

 ただし、お試しになる方は自己責任でお願いします。食用かどうかは自信がありません。(ヒハツなら食用として利用されており、方言名をピパーチといいます。)

 

 

ハンタ道5-006 シュリケマイマイです。石灰岩地帯に棲むカタツムリ。カラの周りに毛がはえているので、ケマイマイというようです。

 

 ハンタ道5-007

ハンタ道を登り切ったところが、馬車道です。「ゴモジュ」の実です。今年はたくさん実がついています。食用ではなく観賞用、庭樹によさそうです。

 

 

ハンタ道5-009 今帰仁グスクの大隅(ウーシミ)です。城壁、巨大岩盤、洞窟(中には入れません)、起伏に富んだ地形をながめて、今日のハンタ道歩きは終了です。

 

投稿者名:usan

過去の記事を読む

最近投稿された画像

  • エーガーでカーウガミする人々
  • ハンタ道のクワズイモ
  • パパイア
  • クロツグの実
  • ハンタ道のホルトノキとセンダン
  • ノロ殿内跡
  • ミームングスク
  • エーガー
  • ハンタ道1
  • IMG_3653-420.jpg
  • クロツグ1
  • 鍛冶屋の守り神(3
  • 鍛冶屋の守り神(2
  • 鍛冶屋の守り神(1
  • 今帰仁ノロ火の神の祠
  • 今帰仁ノロ
  • ハイビスリゾートオーナー日記
  • 今帰仁城址周辺の史跡めぐりしませんか?-ハイビスリゾート オーナー日記
  • 明るいハンタ道4
  • 明るいハンタ道3
  • 明るいハンタ道2
  • 明るいハンタ道
  • 台風あとのハンタ道
  • 今泊のフクギ
  • ミームングスクから志慶真門郭を望む
  • ミームングスク