ハンタ道の芳香の正体はクロツグ

クロツグ1
IMG_3653-420.jpg
ハンタ道を歩くと5月ごろには、とても良いにおいがします。この芳香の正体は、クロツグです。クロツグの花が芳香を放ち、蜂が集まってきます。

クロツグはヤシの仲間ですが、あまり高くはならず、幹も太くはなりません。沖縄北部、やんばるの森にもともと生え育っている植物です。

しかも、琉球の時代から途切れることなく生えてきた植物なのです。近代化した沖縄に住んでいても、クロツグを見ると古い時代へ思いをはせることができる、そんな植物なのです。

クロツグは今帰仁城跡周辺に数多く自生していますが、ハンタ道を歩くときには点在しているため、足を休めて観賞するのがおすすめです。

投稿者名:usan

過去の記事を読む

最近投稿された画像

  • エーガーでカーウガミする人々
  • ハンタ道のクワズイモ
  • パパイア
  • クロツグの実
  • ハンタ道のホルトノキとセンダン
  • ノロ殿内跡
  • ミームングスク
  • エーガー
  • ハンタ道1
  • IMG_3653-420.jpg
  • クロツグ1
  • 鍛冶屋の守り神(3
  • 鍛冶屋の守り神(2
  • 鍛冶屋の守り神(1
  • 今帰仁ノロ火の神の祠
  • 今帰仁ノロ
  • ハイビスリゾートオーナー日記
  • 今帰仁城址周辺の史跡めぐりしませんか?-ハイビスリゾート オーナー日記
  • 明るいハンタ道4
  • 明るいハンタ道3
  • 明るいハンタ道2
  • 明るいハンタ道
  • 台風あとのハンタ道
  • 今泊のフクギ
  • ミームングスクから志慶真門郭を望む
  • ミームングスク