ハンタ道でクロツグの実とパパイアを見つけた

ハンタ道のホルトノキとセンダン

久しぶりにハンタ道を上って、今帰仁グスクへ登城しました。ハンタ道は夏草が茂り、少し歩きにくいですが、クロツグとパパイアの実を見つけました。


クロツグの実
クロツグの実。ヤシの仲間です。


パパイア
パパイアがこうして生えて実るのはよくあること。鳥がフンと一緒に落とした種が生えたのでしょう。

夏草が茂るのは、昨年の台風で木々の枝が折れて、太陽がよく入るようになったためだと思われます。

ハンタ道のクワズイモ
クワズイモもかなり大きくなっています。以前のように少し薄暗い森に戻るには、もうしばらくの時が必要なのでしょう。


エーガーでカーウガミする人々
帰り道、エーガー(親川)で拝みをする数人の人が見られました。カーウガミ(カー拝み)といって水辺で祈願するのはよくあることですが、このエーガーは琉球時代から水の涸れることのない貴重な湧き水。古来から清めや拝みがおこなわれてきた場所です。(この画像の撮影は2009年7月)
投稿者名:usan

過去の記事を読む

最近投稿された画像

  • エーガーでカーウガミする人々
  • ハンタ道のクワズイモ
  • パパイア
  • クロツグの実
  • ハンタ道のホルトノキとセンダン
  • ノロ殿内跡
  • ミームングスク
  • エーガー
  • ハンタ道1
  • IMG_3653-420.jpg
  • クロツグ1
  • 鍛冶屋の守り神(3
  • 鍛冶屋の守り神(2
  • 鍛冶屋の守り神(1
  • 今帰仁ノロ火の神の祠
  • 今帰仁ノロ
  • ハイビスリゾートオーナー日記
  • 今帰仁城址周辺の史跡めぐりしませんか?-ハイビスリゾート オーナー日記
  • 明るいハンタ道4
  • 明るいハンタ道3
  • 明るいハンタ道2
  • 明るいハンタ道
  • 台風あとのハンタ道
  • 今泊のフクギ
  • ミームングスクから志慶真門郭を望む
  • ミームングスク