祭祀施設の最近のブログ記事

ノロの後継者をめぐる紛争があった

今帰仁ノロ
写真は今帰仁ノロ(2009年頃、今帰仁グスク平郎門前にて撮影)


ノロについてご紹介すると、お客様の中には霊力のすぐれたひとがノロになるのかな?と思われる方がおられるようです。

しかし、ノロは首里王府が任命する神役であり、辞令書が交付されています。今風にいえば公務員だったわけです。

名護市には「真喜屋のろ難渋一件」という資料があります。これによると、1868年に死去した真喜屋ノロの後継をめぐり、真喜屋村と仲尾次村の間で、紛争が起こり羽地番所(今の役場)を巻き込んだ訴訟事件になりました。

その結果、翌年8月に両惣地頭家(今の村長)の裁決で、仲尾次村側から立てた後継者がノロとして任命されました。

(名護市広報市民のひろば1月号、市民だよりから一部転載させていただきました。

こうして、訴訟にまで発展したノロの後継者選び。ノロに就任することは、村にとっても名誉なことだし、ノロ家は首里王府から給与(米、麦など)やノロ専用の田畑が与えられる特権があります。

こうした特権をめぐる争いだったかもしれません。ノロも利害をめぐって争う、ふつうの人だったのでしょうか。


用語解説 公儀ノロ

ノロは首里王府時代、村落の祭祀主として農耕儀礼を司祭し、宗教的に村人を管理支配した女性神役。勾玉、神衣装、田畑なども与えられた。(名護市広報市民のひろば1月号、市民だよりから)




下の写真は今帰仁ノロ火の神の祠。今帰仁グスクが機能していた、おそらく1600年初め頃まで今帰仁ノロが住んでいた屋敷跡。

現在は祠の中に火の神が祀られ、拝所となっている。香炉が置かれ、塩が盛られているのが見える。以前は茅葺き屋根だったが、近年瓦に葺き替えられている。

ガイドしているのは岸本氏。城外ガイドAコース(ハンタ道コース)に含まれており、今帰仁グスクを学ぶ会が案内しています。(予約制、有料)

今帰仁ノロ火の神の祠

IMG_5039-420.jpgガジュマル広場 報告が遅くなりましたが、「桜の季節にガイドとめぐる今帰仁の史跡」 ツアーのご報告です。 ハンタ道を歩くトレッキングコース(Aコース)とは、 琉球時代そのままの歴史と祭祀をしのぶコース。 森のなかに、約500年昔の状態が保存されたハンタ道。 出城=物見台や祭祀施設が点在し、歩けばまさに森林浴で、健康的でもあります。 所要時間は約2時間。トレッキングの難易度は初級。


  IMG_5035-420.jpgシニグンニ シニグンニの名前を聞くと、祭祀に詳しい方は、「シニグ」を連想すると思います。シニグンニとは「シニグの根」を意味します。 ところが、シニグ祭りはこの周辺に伝わっておらず、「トントトトン祭り」として残っています。トントトトン祭りも厄払いの祭りと考えられ、このシニグンニで行われたと伝わっています。


  IMG_5037-420.jpgアタイバルウーニー アタイバルウーニーとは、 アタイバル=アタイ原、ウーニー=御船の意味です。 航海安全の祈願をおこなったところ。岩のくぼみが船の形に見えます。 今帰仁城外郭にはレコーラウーニーがありますが、こちらは土盛りの舟で、やはり航海安全の祈願をおこなったもの。



IMG_5038-420.jpgエーガー エーガ―とは親川と書き、カーは湧泉のこと。琉球の昔から枯れることなく湧き出しています。飲み水、水田の灌漑、子供の遊び場など、生活と結びついて利用された湧水です。 祭祀としては、カーウガミ=カー拝みと言って、湧水のところで祈願をする習わしがあり、拝む姿をよく見かけます。



IMG_5043-420.jpg石畳 写真は一番滑りやすいところです。石畳の道は、自然石を割って階段状にしています。 明治時代の探検家、笹森義助はハンタ道を探検し、革靴では滑って登れないから、草履で行くのがよい、と記録しています。おそらく、この石畳の部分ではないでしょうか。


  IMG_5046-420.jpgミームングスク ミームングスクと伝えられる大きな石積みへ登ります。ミームンとは新しい、見る、の意味があります。
古宇利島が見え、振り返れば志慶真城郭も見えるミームングスクは、物見台として機能したに違いありません。


IMG_5047-420.jpg供のカネノロ火の神
ノロ火の神のほこらは3カ所あり、供のカネノロ、今帰仁ノロ、アオリヤエノロの3カ所です。
ノロ制度は、琉球王国で政治と共に人民を治める制度で、祭祀をつかさどるノロは、重要な役割をになったと考えられます。 

移転するとき、火の神は移動できないようで、屋敷跡に火の神のほこらが建てられます。1609年、薩摩軍による琉球侵攻がおこなわれた際、城下の集落は現在の今泊集落に移動します。そのとき、ノロも移動したようです。

シニグンニ

シニグンニと呼ばれる石積み遺構があります。ほぼ正方形の石積みと、円形に置かれた石があります。この取り合わせが不思議です。

「なきじん研究」に収録された調査記録によると、トントトトン祭りがおこなわれたところ、となっています。棒を地面にトントンとついて、厄払いをしたとあります。

それにしても、四角と丸の組み合わせは、何を意味しているのでしょうか?

シニグンニ01シニグンニ02シニグンニ03
一番下の写真は、12月8日におこなわれた、南北パートナーシップ交流会で、シニグンニをご案内しました。
シニグンニの場所は、今帰仁村グスク交流センター(入城チケット売り場)横の道路沿い、今帰仁ムラ跡の北側に位置しています。普段はひとの入らないところで、静かに保存されています。

供のかねノロ火の神の祠の入り口付近に、ショウキズイセンが咲くころです。
供のかねノロは、今帰仁ノロのお供を勤めたノロです。火の神が祀ってある祠は質素です。現在は瓦屋根ですが、改築前は茅葺き屋根でした。

供のかねノロ火の神に咲くショウキズイセン
今帰仁城周辺にいたノロは3人で、供のかねノロ、今帰仁ノロ、そして阿応理屋恵(あおりやえ)ノロです。3人のノロの火の神はそれぞれ隣り合っています。
ハンタ道を登ってくると、馬車道に出ます。さらに進めば、供のかねノロ火の神の祠の表示があります。

正確には、「供のかねノロ殿内(どぅんち)火の神の祠」といいます。殿内(どぅんち)とは、位の高いひとの屋敷を指します。かつてはノロの屋敷があったわけです。
薩摩軍の侵攻により、今帰仁城が焼き討ちに合い、今帰仁ムラは海のほうへ移転し、それに伴いノロの屋敷も移転したと考えられます。

ショウキズイセンはヒガンバナの仲間
英名はゴールデンハリケーンリリーまたはゴールデンスパイダーリリーと、愉快な名前を持っています。

ナガレ庭(ナガレナー)

ハンタ道を登って5~6分。大きな遺跡があります。ナガレナー(ナガレ庭)です。
琉球石灰岩を積んであります。数えると3段の大きな石積みです。

登ると、小高い丘のようです。木々がなければ、エーガー(親川)付近もよく見えそうです。
さて、この石積みはなんのためでしょうか?

文化財係の調査報告によると、古地図の調査からこの場所が判明し、発見されたとのことです。
古地図の色分けから、祭祀施設と考えられました。

ナガレナー
今帰仁村歴史文化センター館長仲原氏によると、琉球国由来記(1713年)に今帰仁城でおこなわれる祭祀の記述に、ナガレナーと記され、祭祀の順序から見て、この場所がナガレナーに当たるのではないか?現在、記述のナガレナーに当たるところが他に見つかっていないことからも、ここがナガレナーではないか?ということです。しかし、まだ仮称ということになっています。

ナガレナーでどのような祭祀が行われたのか、現時点で知ることはできませんが、この広々とした石積みは気になるところです。

写真は今帰仁グスクを学ぶ会のナガレナー現場研修のようす。石積みが3段になっているのが見える。

過去の記事を読む

最近投稿された画像

  • 今帰仁ノロ火の神の祠
  • 今帰仁ノロ
  • IMG_5047-420.jpgノロ火の神
  • IMG_5046-420.jpgミームングスク
  • IMG_5043-420.jpg
  • IMG_5038-420.jpgエーガー
  • IMG_5037-420.jpgアタイバルウーニー
  • IMG_5035-420.jpgシニグンニ
  • IMG_5039-420.jpgガジュマル広場
  • シニグンニ03
  • シニグンニ02
  • シニグンニ01
  • 供のかねノロ火の神に咲くショウキズイセン
  • ナガレナー