華南産三彩陶器(鶴形水注破片)

鶴の形をした水注で、類品が豊見城市のノロ家に保管されている。鴨形の水注は、今帰仁村の中城家で保管されたものが知られている。16世紀頃の本州日本の遺跡からも出土例が報告されている。
写真上段は今帰仁城跡出土品
写真下段は中城ノロ家の伝世品
三彩.JPG

 

 

中城ノロ所有三彩.JPG