二枚刃の鋏でいわゆる種子鋏と呼ばれるものに類する資料といわれている。このような二枚刃の鋏は一般的には江戸以降とされているが、中世まで遡って鋏があった証拠になるかも知れず興味深い出土例である。
R0010513.JPG