2010年4月アーカイブ

グラジオラス、志慶真門郭に咲く

志慶真門郭(しじまじょうかく)にグラジオラスが咲いています。右側のオレンジ色の花。
グラジオラスはこの時期、原野や庭先に見られます。
野生化したもののようですが、地下深くに球根がありどんどん増えていきます。
左側に咲いているのは、テッポウユリ。

グラジオラス、志慶真門郭に咲いています。

大隅の城壁とテッポウユリ

大隅(うーしみ)の城壁下にテッポウユリが咲いています。
茎はがっしりしていて、なんとなく鉄砲のように見えてきます。

城壁の根石は、近づいてみると、意外に高いところにあります。
城壁の高さは約8メートル。曲線を描いて、美しいです。

大隅の城壁下に咲くテッポウユリ大隅の城壁下のテッポウユリ


志慶真門郭のテッポウユリが開花しています。
このユリは、2008年、今帰仁グスクを学ぶ会が植えたものです。
球根を提供してくださったのは、今帰仁村長の与那嶺氏です。
志慶真門郭に咲くテッポウユリ

テッポウユリ

テッポウユリ(鉄砲百合)

テッポウユリが咲き出しました。
写真の場所は旧道です。
IMG_0642-500.jpg

テッポウユリは鉄砲百合とも書きますが、花の形が鉄砲に似ているから付けられた名前だそうです。ですが、鉄砲に似ているでしょうか?

もともと、沖縄の在来種ですが、最近は園芸種も出回っています。
15世紀頃、今帰仁グスクの王はこれらのユリを見ていたでしょうか?

城跡交流センターで4月20日まで企画展

第三回今帰仁グスク桜まつり(1/22ー2/7)関連イベントとして実施したフォトコンテスト(桜まつり実行委員会主催)に応募のあった全作品60余点と最優秀賞・優秀賞などの入賞作品を展示しています。





もうひとつは絵画展

今帰仁村に在住する若手アーティストの運天筆さんの作品20余点を展示しています。
地元の今帰仁や城跡に題材をとったものが多く、作者の故郷への熱い思い(愛)を強く感じます。
また今帰仁城跡の公式ガイドブックに使われている挿絵の原画も数多く登場します。
ホットでハートフルな《運天筆の世界》をご堪能下さい。


入場無料

場所 : 今帰仁城跡総合案内所・グスク交流センター(私たちガイドの職場でもあります)

問い合わせ先 : 若年者雇用センター企業組合 0980-56-4400

 

 







過去の記事