2010年7月アーカイブ

風鈴ブッソウゲ

フウリンブッソウゲにシロオビアゲハがとまっていました。
風があるので、花にしがみついているようです。
羽に黄色い花粉が付いています。

フウリンブッソウゲ
フウリンブッソウゲは風鈴仏桑華とも書きますが、風鈴のような花から名づけられています。
ハイビスカスの仲間です。
英名はコーラル・ハイビスカスで、コーラル=珊瑚(さんご)に花の形が似ていることから名づけられています。

撮影場所は今帰仁城内の参道(通称7、5、3の階段)を登ったところ。

航行する船が見える時

よく晴れた日に、御内原に立つと、航行する船が見えます。
この船は那覇港発鹿児島行きクイーンコーラルです。本部港を9時10分に出発したところで、これから与論島へ行きます。1日おきに運行されます。

沖行く船を眺める、御内原にて
クイーンコーラル那覇発鹿児島行き伊是名、伊平屋島を背景に、沖行く船を眺めるのはまさに至福の時。

北山王そして今帰仁監守も沖行く船を眺め、琉球王国の繁栄に想いをはせた、、、かもしれません。

この船の通る時間はおよそ10時過ぎです。撮影時間は10時10分頃。

スタンプラリーのお客様が次々と

スタンプラリー
世界遺産スタンプラリーの用紙を持ったお客様が、次々とご来城になっています。
夏休みに入り、家族で世界遺産を回るのもいいですね。

世界遺産9箇所を踏破し、スタンプをおせば、記念品がもらえます。
この機会に今帰仁城跡へもお越しくださいませ。

詳しくは、文化財係のブログ「今帰仁村の文化財」へどうぞ。
スタンプ用紙がダウンロードできるリンクもあります。

夏本番、ネコも暑そう

ようやく、夏も本番のようです。ぐずついた天気から、太平洋高気圧におおわれたようです。この高気圧が優勢になると、沖縄の夏が始まります。

気温も上がり、午前中に31度を超えました。
今帰仁城跡のネコもご覧の通り。

今帰仁城跡のネコ

今帰仁城跡でガイド養成

 新報10.07.03 今帰仁城跡でガイド養成.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(琉球新報7/3) 

 

次回は7月6日(火)18時30分からです。

講座内容は「近世琉球の歴史と今帰仁」
講師:深澤秋人氏(沖縄国際大学・琉球大学講師)
会場:今帰仁村歴史文化センター
※受講料無料


多くの方のご参加をお待ちしております。


 

にっぽん巡礼 あなたの心に響く場所 「今帰仁城跡」

チャンネル   :NHK総合/デジタル総合

放送日    :2010年 7月 3日(土) 
放送時間  :午前10:48?午前11:17(29分)
ジャンル   :ドキュメンタリー/教養>カルチャー・伝統文化
番組HP:番組ホームページ http://www.nhk.or.jp/junrei/map/okinawa/004/index.html

番組内容
ファッション評論家ピーコさんが沖縄の古城址・今帰仁グスクに通いつづけて10年。700年前に築かれた石垣は、人間の野心やおごりを見てきた。だから人を包むという。

詳細
ファッション評論家・ピーコさんが毎年通い続ける沖縄北部の今帰仁グスク。13世紀から17世紀に繁栄した城跡で、高低差約100メートルの丘に、石灰岩を敷き詰めた城壁が続く。44歳の時、目に癌が見つかり手術をしたピーコさん。義眼をはめることになる。なぜ生きているのか、問いかける日が続いた。そんな折、知り合いに連れてきてもらったのが今帰仁城跡。この城壁の中を歩いていると不思議と懐かしい気持ちになるという。

出演者ほか
【司会】阿川佐和子,  風見しんご,  【ゲスト】宮崎学,  ピーコ

ガジュマルの実

ガジュマルが実を付け、道路に実が落ちてご覧のように。

ガジュマルの実
場所は、志慶真門の裏手の道路。この道路は落石の危険により、封鎖されていて、利用する人はほとんどいません。

やんばるの植物が豊富で散歩道に最適です。

ガジュマルの実2



過去の記事