今帰仁上り特集号 大好評です

今帰仁上り特集号の表紙今帰仁上り特集号が発刊されました。今帰仁グスクを学ぶ会のメンバーが取材、写真、記事すべてを担当した傑作です。

今帰仁上りは「なきじんぬぶい」と呼ばれる門中による聖地巡拝の行事です。今帰仁城を中心にその周辺の聖地を回って拝みをするもので、5年に1回行なうところが多いようです。旧盆も終わり、今日も門中の方々が今帰仁城跡を訪れていました。

門中とは、男系の血縁による一族です。大きな門中になると100名くらいにもなり、観光バス2台に分乗して訪れます。大勢の方々が祈願する姿は壮観です。

 

IMG_1784

IMG_1783

聖地として掲載されているのは50箇所。写真は美しく、一箇所ごとに地図が掲載され、メモ欄が付いていて記録にも便利。今帰仁城内だけでなく、門中の方が巡拝するコースから選ばれています。門中によって回る場所は異なり、伝承も異なるため、代表的な事例としてご了解いただければ幸いです。

IMG_1778-420 IMG_1779-420

拝みのグッズやマナーなど、拝みのときに役立つページもあります。

IMG_1780-420 IMG_1781-420

地図には聖地の番号がふられており、位置が一目でわかります。

今帰仁上り特集号は1冊500円。今帰仁村グスク交流センターのガイド受付にあります。

有名書店でも販売しています。書店売りは1冊700円ですが、中南部から今帰仁まで来るよりお得です。以下の関連記事に書店名と所在地が記載されています。

書店販売は終了しています。ご了承ください。

関連記事:「今帰仁上り」書店でも販売しています

関連記事

過去の記事