今はもう秋、今帰仁グスクはオオシマゼミの鳴き声が響く

オオシマゼミ1
オオシマゼミ2
オオシマゼミとは、奄美大島から沖縄本島北部にかけて、生息しているセミ。体長は5cmくらい、羽は透き通っていて、体の色は緑色。鳴き声が金属音で、とてもセミとは思えない。

夏もすぎ、気温が下がり始めると、元気に鳴き始め、秋の来たことを知らせる。鳴き声は11月下旬まで聞かれる。


関連記事

過去の記事