40年前の今帰仁城跡入場券

40年前の今帰仁城跡入場券
写真は40年前の今帰仁城跡の入場券です。最近、今帰仁グスクを訪れたお客様が見せてくれたものです。


北山城跡と右上に印刷されており、写真は平郎門(正門)です。右端にチケット販売の小屋の屋根がわずかに見えます。
左側の言葉は志慶真乙樽(しげまうとぅだる)の琉歌です。

大人Adalt(Adult が正解ですが)、小人Child の英語表記が沖縄らしいかもしれません。

入場料は50円、右下のスタンプは昭和48年です。
沖縄が日本に復帰?したのは昭和47年(1972年)です。パスポートがなければ入国できなかった時代から、沖縄が日本の一県になった記念すべき年です。

その復帰の翌年に、このチケットのお客様は入場したことになります。
このチケットを持って来られたお客様にとって、記念すべき入場券だったにちがいありません。40年も大切に保管していたのですから。


この記事の投稿者は、やはり昭和48年くらいに沖縄の地に下り立ちました。そのときは、今帰仁城跡は知らなかったので、首里城跡の龍潭池(りゅうたんいけ)を訪れました。
このチケットのお客様にお会いできたら、当時の沖縄のようすを語り合えるのですが、、。


昭和47年に今帰仁グスクは日本国の史跡に指定された
上の画像で、右側の碑は、昭和47年5月15日復帰の当日に、日本国の史跡に指定された記念碑。

関連記事

過去の記事