ちょっと変わった石敢當を見に行きませんか

少し変わった石敢當
男性が見ているのが、少し変わった石敢當(いしがんとう)です。人の形のようにも見えます。

この自然石の石敢當は、今泊集落の中にあります。桜の並木のある道路を、今帰仁グスクから下ると国道505号に出ます。そのまま直進すれば、今泊集落内に入り、この石敢當がすぐに見えます。集落内の道は狭いのでゆっくりと自動車を走らせてください。


石敢當は一般的には、表札を大きくしたような以下の写真のようなもので、塀などに埋め込んだり貼り付けたりして設置されます。

石敢當石敢當 / Nao Iizuka

石敢當とは魔よけで、中国から伝来しています。沖縄県がもっとも多く、次いで鹿児島県、非常に少数ながら東北や関東などにも確認されているということです。

魔よけの効果は
魔物(マジムンといわれる)は直進する性質があるので、交差点や三叉路の突き当たりにぶつかると家に入って来るというのです。石敢當にぶつかれば魔物は砕け散るので、交差点や三叉路に石敢當を設置すれば大丈夫というわけです。

お土産として、さまざまなデザインの小さな石敢當がありますから、縁起をかつぐ方は利用するとよいかもしれません。


石敢當のお土産


今泊集落は格子状集落とよばれ沖縄県内でもめずらしく、特徴のある集落です。かつては今帰仁グスク直下に位置していて、今帰仁グスクの城下町としての役割を果たしました。

ガイドと歩く今泊集落の散策コースの詳細は「今帰仁城跡と周辺史跡めぐり」のご紹介 へ。

関連記事

過去の記事