フウリンブッソウゲとコルチカム

今帰仁グスクの植物は四季折々、お客様を楽しませてくれます。きょう目立ったのは、フウリンブッソウゲ(風鈴仏桑華)とコルチカムです。

フウリンブッソウゲ(風鈴仏桑華)
フウリンブッソウゲ
ハイビスカスを和名で仏桑華と言いますが、その名の由来を探してみました。

中国でハイビスカスを「扶桑」という。日本に渡来したとき、華(花)を付けて「扶桑華」(フソウゲ)と呼んだ。これがなまり「仏桑華」になった。この花を仏前に供える習慣から、「仏」の字が当てられた。

とありました。墓地に植栽する習慣もあるらしいので「仏」はそのためなのでしょう。


一方、英名ではコーラル・ハイビスカスと言います。コーラルつまり珊瑚(さんご)の形と色に似ているというのです。国によってその印象はかなり違うものですね。


コルチカムはイヌサフランの園芸品種
コルチカムはイヌサフランを改良した園芸品種です。イヌサフランはサフランに似ていますが、まったく別のもので、有毒です。イヌと名のつく植物は、どうも印象がよくありません。コルチカムはきれいな花を咲かせますが、触らずに見るだけにしておきましょう。

関連記事

過去の記事