本部町具志堅のシニグを見ました

具志堅のシニグ舞の入場、お宮に向かって拝む
シニグ舞の登場、お宮と呼ばれる聖域に向かって拝む。
先頭の白衣装はノロ役。


年配者が先頭で太鼓と唄を謡う
年配者のおばあたちが先頭になり、太鼓や唄を謡う。
口伝えで継承しているのだろう。


具志堅のシニグ 円陣になって踊る
円陣になって踊る。白鉢巻に濃紺か黒のかすり様の着物。
数人の草履以外は足元は黄色の島ゾウリ。


大きなノボリ旗には、神徳霊妙と書かれている
大きなノボリ旗には神徳霊妙と書かれている。
階段の上にお宮と呼ばれる聖域がある。


具志堅のシニグ 米で作ったお神酒が振舞われた
お神酒が振舞われた。米100%のお神酒は少し甘酸っぱい。


シニグの舞は夕方の5時ころ。まだ太陽は高く43名の踊り手は額に汗。
シニグの舞いは夕方の5時ころ。南国の太陽はまだ高く、
43名の踊り手は額に汗していました。


伝統的な具志堅の神ハサギは貴重な文化財
具志堅の神ハサギは伝統的な創りで、
茅葺の低い軒とサンゴ石の柱が特徴。



カメラマンも多かったので、筆者も無遠慮に撮影しましたが、シニグはやはり神に捧げる舞いです。見ていて少し神妙な気持ちになりました。全部で13曲の舞いがおこなわれたと教わりました。もちろん唄の言葉は聞き取れません。唄は口伝えで継承しているのでしょう。

お神酒は米だけで作った、と教えていただきました。振舞われたお神酒の味は少し甘酸っぱく、アルコール発酵はしていません。昔は乙女に米を噛ませて醸したとされます。

シニグは必ず旧暦の7月25日におこなう、台風が来ても、と教えていただきました。旧盆明けの亥の日です。新暦では今年は8月20日に当たります。


シニグとは

「シヌグは神祭り舞い、または聖なる踊りの意で、具志堅のシニグ舞いは旧暦7月25日に行われる。村の女性たちが紺地の着物を着、ウシンチーにして舞いを奉納する。舞には拝み手、押し手など琉球舞踊の技の原型があり、具志堅のシニグ舞いはよく保存されており、毎年県内外の研究者が訪れる。」 (本部町教育委員会 具志堅のシニグ舞い 町指定無形民族文化財)


具志堅の神ハサーギ 

「この神ハサーギ(アサギ)は古い姿を残している。本部町唯一のハサーギで学術上貴重なものである。その構造は石柱で軒の低い茅葺で、床や壁のないのが特色である。 神ハサーギは祭礼の日、神々が降臨し氏子より祝福を受けまたは、神遊びをする聖なる所とされている。ハサーギの内部東側には、神の上り下りする神木タムト木がおかれている。」(説明文より)

 
今泊(いまどまり)と具志堅(ぐしけん)の祭祀

今帰仁グスク直下の集落である今泊には、今では祭祀が見られません。しかし、隣の本部町具志堅(もとぶちょう ぐしけん)にはシニグが保存されています。

航海安全の舟漕ぎ儀礼がおこなわれるウーニー(御舟)は、今帰仁ウーニーと本部(具志堅)ウーニーが並んでいるのです。かつては、今帰仁と本部の区別はなく、この2つの集落、今帰仁ムラ(現在の今泊)と具志堅は隣り合ったグスク直下にある集落だったのです。
具志堅の「お宮」と呼ばれる聖域から、今帰仁グスクへ向かって遥拝する儀礼があるそうです。

関連記事

過去の記事