少し早めのヒガンバナが咲きました

今帰仁グスクにヒガンバナが咲く
今帰仁グスクにヒガンバナ(彼岸花、別名はマンジュシャゲ曼珠沙華、学名はリコリス)が咲き始めました。彼岸のころ花咲くことからヒガンバナと呼ばれるようですが、彼岸には少し早い開花となりました。ツワブキの丸い葉の間から、まっすぐな花茎を伸ばし、ひげのように見えるのが雄しべです。

中国から伝わり、北海道から琉球列島まで広がった植物です。きれいな花ですが、植物体全部が有毒です。有毒を利用して、モグラやネズミを避けるため田畑に植えたとされます。

一方、有毒ゆえに、植えて繁殖させておき、飢饉のときに毒抜きして食べた救荒植物でもあります。食用植物なら、年貢として収めるため身近に残らないからです。やはり有毒のソテツを思わせる利用法です。


関連記事

過去の記事