今帰仁グスクでクヮンソウが満開

今帰仁グスクのクヮンソウ1
今帰仁グスクで、クヮンソウが満開です。クヮンソウは沖縄語、和名はアキノワスレグサ(秋の忘れ草)、学名はヘメロカリス。

安眠の薬草として古くから利用されてきました。花を湯がいて、はちみつを混ぜたラッキョウ酢に漬けると美味です。花のオレンジ色は、カロテンが含まれていそうで、おかずの一品になりますし、生の花をそのまま食べるのも意外に美味しいです。

この花は一日花で、夕方にはしぼんでしまいます。翌朝、別の花が開花しますから、花の時期にはいつでも咲いているように見えます。10月くらいまで花を楽しめそうです。


今帰仁グスクのクヮンソウ2
関連記事

過去の記事