伝統行事 門中による今帰仁上り

今帰仁上り金城門中500
今帰仁上り金城門中02-500
門中(むんちゅう)と呼ばれる親族一同が今帰仁グスクを詣でる、今帰仁上り(なきじんぬぶい)は、1800年代に始まったとされる伝統行事です。

旧盆が終わると今帰仁上りが始まります。今年真っ先にグスクを詣でたのは、糸満の金城門中。北山王攀安知(はんあんち)の次男の子孫です。

攀安知は中山軍に滅ぼされ、難を逃れた次男が身元を隠すため金城と名を変えて生き延びました。潮平という集落は、かつてはムラ全体が金城姓だったといいます。

潮平集落では、戦前は畳表に使うイグサを、その後はキビを栽培したようです。潮平の名は、初め製塩業を営んだからと思われます。

関連記事

過去の記事