桜の季節ツアーのひとコマ 源為朝上陸碑

運天港にある源為朝上陸碑をガイドがご案内

「桜の季節にガイドとめぐる今帰仁の史跡」ツアーのひとコマ。源為朝上陸碑をご紹介します。上の写真は、ベテランガイドの説明を熱心に聴く参加者の皆様です。


源為朝上陸碑、書は東郷平八郎、国頭郡教育部会発起
「源為朝公上陸之趾」と刻まれた書は東郷平八郎の筆によるもの。
台座には国頭郡教育部会発起と刻まれています。

建立は大正11年。東郷平八郎と言えば、日本の幕末から明治時代の薩摩藩士で海軍軍人。国頭郡教育部会はこのころ、愛国心の育成を目的とした郷土教育をおこなっていた。

近代日本の皇民化教育のために、為朝が利用されたようです。しかし、それ以前に琉球の正史「中山世鑑」(1650年)に記録されているのです。

為朝が琉球北部の運天港に流れ着き、南部の有力者である大里按司の妹と結婚し、「舜天」という琉球王統の始祖が生まれた、というのです。

近代歴史学の研究によれば、為朝上陸は伝説であり、琉球王国(中山)が権威付けのために作為的に作ったもので事実ではないという結論です。

それにしても、この碑の石材は難破した外国船のバラスト(船の重り)を再利用したもので、歴史的遺跡の多く残された運天港の景色とともに、一度は見ておきたいものです。

参考文献:研究論文「源為朝来琉譚と発掘された沖縄」宮城弘樹氏(今帰仁グスクに掲載当時今帰仁村教育委員会、現在沖縄国際大学講師)今帰仁グスクを学ぶ会会誌より

関連記事

過去の記事