ウマの足形?という名の花です

ウマノアシガタ
今帰仁グスク内外に写真のような花が咲いています。ウマノアシガタ(馬の足形)と呼ばれるのですが、花の姿と名前がどうしても一致しません。

今帰仁城跡周辺の自然」によると、葉の形が馬の蹄(ひづめ)に似ているとか、鳥の足形の書き間違え、などの説が紹介されていますが、いづれの説も納得できそうもありません。

花がきらきら光っているのは、水滴ではなく、もともとの花の色艶で造花のように見えます。

近年、その数が減りつつあるということです。キンポウゲ科の植物なので、毒成分が含まれている可能性がありますので、手に取らないほうが安全です。

咲いている場所は、第2駐車場付近とグスク内の旧道付近にあります。

関連記事

過去の記事