蛇行する外郭の城壁 外郭を歩く(その4)

外郭とは、大隅の城壁の外側を指す
外郭とは、大隅の城壁の外側を指します。写真上の、右手奥にあるのが大隅の城壁。

今帰仁グスクを訪れると、まず外郭と呼ばれる広いところに、はいります。外郭東側です。
蛇行した城壁は低いですが、ちゃんと防壁の役目を果たしていました。昔は地面が現在より、およそ1m下にあったらしいので、敵が、容易に乗り越えることはなかったわけです。


外郭東側、蛇行する城壁
                     蛇行する外郭の城壁(写真上)、整備後。




蛇行する外郭城壁、整備中
蛇行する外郭城壁、整備中(写真上)。城壁はかなり残っていたことがわかります。



外郭には、西側があります。こちらへ入ることは、ほとんどありません。
写真下は、復元整備中の外郭西側の城壁です。西側は、元の城壁がほとんど残っていないのがわかります。根石の上に新たな石を乗せて、城壁が復元されました。(写真下)


外郭西側城壁の復元
      外郭西側の城壁、復元整備中の写真。


外郭西側の城壁、復元中2
  外郭西側の城壁、復元整備中の写真。後方にクバの御嶽が見える。


今帰仁グスクの模型、外郭はかなりの面積を占める
上の写真は、100分の1模型で見る外郭の部分で、かなり広い面積です。便宜上、東側と西側に分けて呼んでいます。

関連記事

過去の記事