ガイド養成講座の一こま(7月2日)運天港と古墓

ガイド養成講座運天港
運天港は今帰仁城跡と関わりの深い港。現地へ行くと、天然の良好と呼ばれた理由がよくわかります。対岸は近いが深さは20mといわれ大型船の往来が可能な港です。



ガイド養成講座運天の古墓
百按司墓(むむじゃなはか)。その名前から多くの按司(有力者)が葬られている墓。運天港にある理由は、船で往来していた時代、港にあるほうが墓参りに便利だから。



ガイド養成講座大北墓
大北墓、うーにしばかと読む。今帰仁城跡を治めた監守一族が葬られている。監守は首里の王家である、尚家一族の一員。一目見て立派なつくりが印象的。

関連記事

過去の記事