静かなたたずまい 城下町だった今泊集落を歩く

2018.02.04 Bコース (13)フクギ並木の中のチニブ
チニブという竹垣はフクギの景観を壊さずに屋敷を守ります



今泊集落は、なきじん(今帰仁)ムラとおやどまり(親泊)ムラが合併してできたムラ。二つのムラは今帰仁グスクの城下町として栄えていましたが、1609年の薩摩入りをきっかけに海沿いへとムラごと移動しました。

計画的なムラの造成のため、集落内の道は格子状になり、魔を除けるための石敢當が置かれています。フクギ並木も多く残されています。琉球の村づくりを見ることのできる貴重な集落です。


2018.02.04 Bコース (11)フクギ並木で集合写真
フクギ並木で記念撮影 右のブロック塀に比べると竹垣チニブがきれいです


2018.02.04 Bコース (5)シルバマで集合写真
シルバマは尻浜のことで集落の後ろを指します



立春のこの日、体感温度はおそらく10度くらい。南国沖縄でもコートが欲しいくらいの北風が吹きます。2018年の「桜の季節にガイドとめぐる今帰仁の史跡」ツアー最終日のBコースのスナップです。

関連記事

過去の記事