研修旅行の最近のブログ記事

久高島と今帰仁グスクに関連する史跡めぐりを、2018年秋の研修旅行で行います。(11月27日・28日)
めぐる予定の史跡を以下でご紹介します。

久高島
kudakajimagousei02-689.jpg
久高島は、琉球の創造神アマミキヨが降臨したとされる琉球神話の聖地とされている。五穀伝説、国王への献上品イラブー、久高御殿などの見どころがいっぱいの島です。

裏の歴史では、尚巴志が秘かに海外交易を行い、鉄や貴金属を輸入した島でもあります。


今帰仁グスクに関連する南部の史跡

玉城城(タマグスクグスク)跡 南城市

tamagusukugusuku.jpg
築城年代は定かではない。「中山世鑑」には、琉球神アマミキヨが築いた7つの御嶽(ウタキ)のひとつと紹介されている。
沖縄戦で城壁は崩落し、残るのは主郭の城壁のみ。城門は東北東を向き、太陽が照らす現象で有名になる。

夏至の太陽が城門を貫き、クニヒヌカン(天つぎあまつぎの御嶽)を照らす。
冬至には、沈む太陽がグスク内から城門をくぐり抜け、玉城王や西威王の墓を照らす。


糸数(イトス)グスク

itokazugusuku.jpg
南部で最も高い丘にある。標高190m。
城主の糸数按司(アジ)は、玉城城主の三男といわれ、14世紀、中山軍の上間按司に攻め滅ぼされたと伝えられる。
近くに南部戦跡の1つ糸数壕がある。



攀安(はんあんち)王三男「外間子(ふかまし)」の墓
および、四男「喜屋武久子(ちゃんくし)」の根屋

kudakailand05.jpg
        外間子の墓(画像上)


外間子(ふかまし)は、今帰仁城主攀安知王の三男。 姓は應(おう)、童名は思鶴寿金。

今帰仁城落城の時のこと。攀安知王の世継ぎを生んだ母で、攀安知の側室だった真加戸金は、三男と四男を連れて、カンジャー大主(ウフシュ)と共に逃げる。しかし、仲泊の山田グスク近くで、追跡してきた尚巴志軍に捕らえられる。

尚巴志の拠点、佐敷城で拷問を受けるが、中国人軍師賓比に助けられ、津波古村に百姓として住むことを許される。
身重だった真加戸金は、五男の虎寿金(とらじゅかね)を出産するが、尚巴志に人質として取られる。

三男と四男は中国に渡り、武・漁具・製塩・藍染等を学び、国内に広めた功績で7石の褒章を賜る。後に、五男虎寿金が侍に引き上げられ、母子ともに位を与えられる。

三男思鶴寿金は「外間子(ふかまし)」、四男思徳寿金は「喜屋武(ちゃん)久子(くし)」、五男虎寿金は「今帰仁子(なきじんし)」、母:真加戸金は「今帰仁 大阿護母志良(なきじん おおあもしられ)」の位となる。


kudakailand06.jpg
       北山王香炉のある神屋(画像上)



糸満市字潮平「今帰仁腹」、「ウクマグスク」、「スンザモー」

kudakailand07.jpg
        今帰仁腹(画像上)



1416年、今帰仁城落城の際、攀安知王の次男「志慶真王子」は、三男四男たちと別ルートで南下する。

次男は、攀安知王の長女「真亜佳度  金(まかとかね)」、叔父「湧(わく)川(がわ)大主(うふぬし)」らとともに海からこの地(潮平)に上陸。

その後、製塩業で生計をたて、子孫が繁栄し、潮平(すんざ)村を形成する。

「今帰仁腹」は大殿内(うふどぅんち)門中、百次(むんなん)門中、名加(なか)・湧川(わきゃー)門中、宇久佐(うくさ)門中 百次小(むんなんぐわぁ)門中の五門中で管理している。


kudakailand08.jpg        ウクマグスク(画像上)



今帰仁腹の近くにウクマグスクの古墓がある。
この古墓から今帰仁腹に移したといわれるが、攀安知王の次男「志慶真王子」の骨がまだ残っているのではないかと思われる。しかし、詳細はわかっていない。宇久佐門中が管理し御願をしている。




kudakailand09.jpg
        南城市佐敷にあるスンザモー(画像上)



次男の志慶真王子が、別れ別れになった弟たちを探しに潮平から佐敷まで足繁く通ったことから「スンザモー」と言われるようになった場所。
ようやく三男・四男と再会し、打倒尚巴志の計画をするため密会したといわれているが、尚巴志打倒は実現しなかった。



読谷村「渡具知泊城」

kudakailand10.jpg
        丘春の墓(画像上)


三山戦国時代、仲昔今帰仁城按司は本部大主の謀反にあい城を奪われる。

按司の嗣子千代松金は名を丘春と改め、読谷間切、北谷間切、砂辺村へと落ち延び、読谷山大木徳武佐で難を逃れる。 

丘春は、仇討ちの機会を待ち、18年後に旧臣を集め、本部大主を討って本懐をとげ、城を奪い返す。しかし、次の代後、北山の怕尼芝に攻められ中北山はついに亡んだ。

 時の若按司は本部具志堅で死す。隠居の身の仲宗根按司「丘春」は戦に追われ、住み慣れた読谷山間切に逆戻り、当地にて城奪い返しの態勢を整えたが、力及ばず遂に当地で終身する。

丘春と臣下の骨は、東方の鷹の目洞窟に葬られる。 以後、北の一帯を「渡具知泊城」と称す。


kudakailand11.jpg
         仲昔今帰仁按司祖先之墓(画像上)


14世紀頃、戦を逃れてきた中北山丘春の一族が初代湧川王子・二代湧川王子・三代今帰仁按司の遺骨を「水釜のイリタケーサーガマ」に葬った。
初代の屋良大川按司は第3代今帰仁城主の五男にあたり、父祖の墓を大事に守ったと伝わる。


kudakailand12.jpg
        北山の系図(画像上)

2017.12.02 義本王の墓
 義本王の墓 案内しているのは歴史文化センター前館長の仲原弘哲氏
         


沖縄本島最北端にある辺戸集落に、義本王(ぎほんおう)の墓があります。義本王は、琉球最初の王とされる舜天(しゅんてん)王統3代目にあたります。
義本王は即位後、国が飢餓や疫病に見舞われたため、王位を譲り、辺戸に逃れたと伝えられています。



2017.12.02 安須森の前で
     安須森(あすむい・あしむい)御嶽の前で記念撮影


安須森御嶽(あすむいうたき)は琉球創世神話に登場する重要な御嶽です。琉球創世神アマミキヨが最初に創ったとされています。



以下は写真撮影された山内さんの紀行文です。

恒例の「今帰仁グスクを学ぶ会」の研修旅行は初めて北部・国頭村へ行きました。
同じ北部と言っても往復にかなり時間をとられるため今回は「王様が眠る村で有名な辺戸集落」を重点的に巡ってきました。

辺戸区公民館で宮城樹正氏(国頭村文化財保存調査委員会委員長)のレクチャー(球陽外伝「遺老説伝」に見る”辺戸の星窪”)を受けた後、
辺戸集落の散策道(辺戸蔡温松並木保全公園)を仲原弘哲氏の説明を聞きながら歩きました。

残念ながら天気が悪く、今月17日に琉球王朝の神事「お水取り」が行われる辺戸大川の現地を見ることはできませんでしたが、
琉球創世神話に登場する辺戸御嶽こと安須森(アシムイ)の4連の岩峰は辺戸の集落のどこからでも仰ぎ見ることができました。

辺戸には琉球の最初の王といわれている舜天王の王統3代目、義本王の墓があります。
帰路、辺野古新基地建設の加担につながると地元がその使用を拒否している奥港や比地の「やんばる野生生物保護センター」に
立ち寄りました。長時間ハンドルを握っていただいた新城さんと赤嶺さん、安全運転ありがとうございました。

過去の記事

文化財係のブログ記事を読む

今帰仁城跡周辺の自然

今帰仁村の文化財