グスク周辺の史跡の最近のブログ記事

2017散策ツアーC (2)運天の古墓群
運天港の海に面した古い墓。ここから散策が始まります。
古い墓は断崖の岩を掘り込んで造られています。昔は風葬だったので、このような場所が選ばれたのでしょうか。




2017散策ツアーC (3)大北墓(ウーニシ墓)
大北墓。ウーニシ墓と読みます。今帰仁グスクを管理した第二監守と家族が葬られています。
監守は、琉球王国時代の王族である尚家の一族なので、墓の造りもひときわ立派です。
伝統的な「今帰仁上り」には、多くの門中(もんちゅう、親族)が訪れます。

この日の案内人は副会長の大田原さん。



2017散策ツアーC (5)大北墓で記念撮影
お墓の前で記念撮影。



2017散策ツアーC (7)ハサギ
ハサギ。ハサギとは、ノロや神人(かみんちゅ)が祈願する所。集落ごとに作られています。軒がとても低いのは、頭をさげ腰をかがめて、神の前に出るようになっているため。ハサギは、後に租税の集積場としても利用されました。



2017散策ツアーC (9)フクギ並木
フクギ並木の集落内を歩く。



2017散策ツアーC (10)大川(ウプガー)
ウプガー。大川と書いてウプガー。カーは湧き水や井戸を指す言葉です。
沖縄島内には、自然の湧き水が多く、水道が引かれるまでは、生活用水に利用されました。今では、コンクリートで固められ農業用水として使われています。



2017散策ツアーC (11)運天トンネル
運天トンネル。長さ約17メートル。ご覧のとおり短いトンネルです。今の姿は、コンクリートできれいに固められています。
大正13年(1924年)に竣工。それまでは、急な山道を登っていたので、村人にとって恵みのトンネルとなりました。



2017散策ツアーC (12)源為朝上陸碑
源為朝上陸碑。沖縄島に為朝が上陸したとの伝説は、根強くあったようです。運を天にまかせて、ここに上陸したから運天と名付けられたという語呂合わせも。
日本と琉球が近縁だという日琉同祖論や、皇民化教育に利用されたというのが、今の歴史認識です。書は東郷平八郎、台座には国頭郡教育部会と刻まれています。



2017散策ツアーC (14)百按司墓(ムムジャナ墓)
百按司墓。ムムジャナ墓と読みます。多くの按司(あじ)が葬られている、という意味ですが、誰が葬られているのかは不明。今帰仁グスクを管理した、第一監守一族ではないか、という説や、北山王の一族ではないか、という説もあります。
墓や周囲の景観がきわだっているので、一見の価値ありの場所です。



2017散策ツアーC (19)散策を終えて
集落へと戻ってきました。運天の史跡めぐりも終了です。

今帰仁城跡の平郎門 硬い古生代石灰岩で積まれている
上の写真は今帰仁城跡の平郎門 硬い今帰仁石灰岩で積まれている


今帰仁城跡の城壁は、硬い今帰仁石灰岩(古生代石灰岩)で石積みされています。この周辺はほとんどが今帰仁石灰岩で、路頭した岩をあちらこちらに見ることができます。

ところが、今帰仁城跡から少し下ると、違う石が混じっています。それが琉球石灰岩で、サンゴ礁のはたらきで出来た穴の開いた石灰岩です。

今帰仁城跡から数百m下ると、ミームングスクと呼ばれる石積みがあります。物見台か出城ではないかと考えられています。このミームングスクの石積みは、硬い今帰仁石灰岩ですが、すぐそばに、穴の開いた琉球石灰岩が混じっています。標高64mくらいの場所です。

サンゴ礁から出来た琉球石灰岩は、大昔は海水面付近にあったとされていますが、なんらかの大きな力が加わって隆起したのかもしれません。

ミームングスク付近の琉球石灰岩
ミームングスク(出城)
写真上:穴の開いた琉球石灰岩 写真下:ミームングスク(出城)



ミームングスクと呼ばれる物見台(出城)は、史跡散策ツアーのAコースに含まれています。

こはおの御嶽(クバの御嶽)最近の姿

クバの御嶽1

今帰仁グスクのすぐ近くにあるクバの御嶽(うたき)が、日本国の名勝に指定されます。琉球の時代から現代まで、信仰の聖地とされている御嶽です。

高さ約180mの丘全体が御嶽とされています。

クバの御嶽2
クバの御嶽3

シイナグスクを訪ねました

シイナグスクの標識
シイナグスクを示す県道72号線にある標識。
国道505号線にも標識があり、どちらからも行ける。


右側の高台にシイナグスクがある
県道72号線側から行く場合は標識を曲がってから右側へ、細い道をまっすぐ進むと間違うから注意。


シイナグスクの標識2
シイナグスクまで200mの表示。写真でみて道路右側には、産業廃棄物処理場の看板がある。


シイナグスク入口にはパイン畑
入口にはパイン畑。畑に沿って細い道を入る。自動車でも入れる。


いよいよグスクの中へはいります
いよいよグスクの中へ。写真で白く見える看板は、無断造成禁止を伝えるもの。


グスクの中には奇岩が多い
奇岩が目に付く。カルスト台地の上に土が乗っかった感じがする。通路は意外に平坦で歩きやすい。グスクとして造成されているようだ。


石垣が見える
石積みが見えてきた。明らかにグスクの造営がわかる。石は古生代石灰岩で、今帰仁グスクと同じ石だが、四角いものはない。この辺は層状石灰岩ではないのかもしれない。


石垣の中へ入る
石垣の中にも切り立った岩がある。石垣を乗り越えて中にはいる。最初の郭(かく)だろうか。



水の枯れた古井戸
古井戸は水が枯れている。日照りのときに水が枯れたので、シイナグスク造営をあきらめて今帰仁グスクへ移動した、と伝えられている。


地面は平坦にされている
岩が路頭しているが地面は平坦にならされている。



ムサシアブミの花
ムサシアブミの花を見つけた。


文化財撮影シイナグスクから羽地内海の眺望800.jpg
シイナグスクから羽地内海を望む。文化財係り撮影の写真をお借りしました。今回、木々が伸びていて遠くを見ることは出来ませんでした。


今帰仁村文化財がきれいに草刈したばかりで、シイナグスク探索は今がチャンス。あと2?3週間すると草に覆われてしまうでしょう。

本部町具志堅のシニグを見ました

具志堅のシニグ舞の入場、お宮に向かって拝む
シニグ舞の登場、お宮と呼ばれる聖域に向かって拝む。
先頭の白衣装はノロ役。


年配者が先頭で太鼓と唄を謡う
年配者のおばあたちが先頭になり、太鼓や唄を謡う。
口伝えで継承しているのだろう。


具志堅のシニグ 円陣になって踊る
円陣になって踊る。白鉢巻に濃紺か黒のかすり様の着物。
数人の草履以外は足元は黄色の島ゾウリ。


大きなノボリ旗には、神徳霊妙と書かれている
大きなノボリ旗には神徳霊妙と書かれている。
階段の上にお宮と呼ばれる聖域がある。


具志堅のシニグ 米で作ったお神酒が振舞われた
お神酒が振舞われた。米100%のお神酒は少し甘酸っぱい。


シニグの舞は夕方の5時ころ。まだ太陽は高く43名の踊り手は額に汗。
シニグの舞いは夕方の5時ころ。南国の太陽はまだ高く、
43名の踊り手は額に汗していました。


伝統的な具志堅の神ハサギは貴重な文化財
具志堅の神ハサギは伝統的な創りで、
茅葺の低い軒とサンゴ石の柱が特徴。



カメラマンも多かったので、筆者も無遠慮に撮影しましたが、シニグはやはり神に捧げる舞いです。見ていて少し神妙な気持ちになりました。全部で13曲の舞いがおこなわれたと教わりました。もちろん唄の言葉は聞き取れません。唄は口伝えで継承しているのでしょう。

お神酒は米だけで作った、と教えていただきました。振舞われたお神酒の味は少し甘酸っぱく、アルコール発酵はしていません。昔は乙女に米を噛ませて醸したとされます。

シニグは必ず旧暦の7月25日におこなう、台風が来ても、と教えていただきました。旧盆明けの亥の日です。新暦では今年は8月20日に当たります。


シニグとは

「シヌグは神祭り舞い、または聖なる踊りの意で、具志堅のシニグ舞いは旧暦7月25日に行われる。村の女性たちが紺地の着物を着、ウシンチーにして舞いを奉納する。舞には拝み手、押し手など琉球舞踊の技の原型があり、具志堅のシニグ舞いはよく保存されており、毎年県内外の研究者が訪れる。」 (本部町教育委員会 具志堅のシニグ舞い 町指定無形民族文化財)


具志堅の神ハサーギ 

「この神ハサーギ(アサギ)は古い姿を残している。本部町唯一のハサーギで学術上貴重なものである。その構造は石柱で軒の低い茅葺で、床や壁のないのが特色である。 神ハサーギは祭礼の日、神々が降臨し氏子より祝福を受けまたは、神遊びをする聖なる所とされている。ハサーギの内部東側には、神の上り下りする神木タムト木がおかれている。」(説明文より)

 
今泊(いまどまり)と具志堅(ぐしけん)の祭祀

今帰仁グスク直下の集落である今泊には、今では祭祀が見られません。しかし、隣の本部町具志堅(もとぶちょう ぐしけん)にはシニグが保存されています。

航海安全の舟漕ぎ儀礼がおこなわれるウーニー(御舟)は、今帰仁ウーニーと本部(具志堅)ウーニーが並んでいるのです。かつては、今帰仁と本部の区別はなく、この2つの集落、今帰仁ムラ(現在の今泊)と具志堅は隣り合ったグスク直下にある集落だったのです。
具志堅の「お宮」と呼ばれる聖域から、今帰仁グスクへ向かって遥拝する儀礼があるそうです。

過去の記事

文化財係のブログ記事を読む

今帰仁城跡周辺の自然

今帰仁村の文化財