メディア紹介の最近のブログ記事

今帰仁グスクに、さくらんぼ色づく

今帰仁城跡の緋寒桜に、さくらんぼがたわわに実り、色づいています。

県外ではこれから桜の季節を迎えるのですが、沖縄はすでにさくらんぼが実り、早朝には野鳥が実を食べに来ます。
人間も食べられますが、真っ赤にならないと渋いです。野鳥よりも早く登城すれば、真っ赤な実が手に入るでしょう。

先週、アオバトが飛来してきました。緑色のきれいな鳩で、久しぶりに見ることができました。


琉球新報が今帰仁城跡のさくらんぼを報じていましたので、以下に引用させていただきます。

琉球新報の記事、今帰仁グスクにさくらんぼ色づく

「イザイホー」のフィルム寄贈-沖縄タイムス.jpg

幻の祭祀(さいし)となった久高島の「イザイホー」はあまりにも有名だが、そのフィルムが浦添市の国立劇場おきなわに寄贈された。

寄贈したのは撮影した映画監督の野村岳也さん。「将来フィルムが傷めば、祭りそのものが失われることになる」と寄贈の理由を述べた。

イザイホーは久高島で生まれ育った30?41歳の女性が祭祀集団に入るため12年に1度、4日間の本祭を中心に1カ月余りかけて行われていた祭祀。担い手不足などから1978年が最後の祭祀となった。

この記録映画「イザイホー」は時間約50分。映画を撮る前1ヶ月くらいは、カメラを向けず久高島住民と親しくして過ごし、信頼関係を築いたという。

1966年の撮影だが、監督の野村さんが「島の秘祭の映像を広く世間には広めたくない」という住民の暗黙の意思を尊重し、2007年まで試写会を除き一般公開されていなかった。


国立劇場おきなわでは、6月19日午後2時から、映画などの無料鑑賞会を予定している。


沖縄タイムス | 秘祭「イザイホー」のフィルム寄贈
今帰仁グスクを紹介した記事
沖縄を旅行して今帰仁グスクを紹介した記事は意外と多いです。その中で、多くの写真で今帰仁グスクを紹介した記事があったので、とりあげてみました。

今帰仁グスク周辺の備瀬のフクギ並木や古宇利島、美ら海水族館を豊富な写真で紹介しているので、これから旅行する方にも参考になると思います。

「祝 初沖縄 観光三昧の旅 VOL3 ?今帰仁城跡・備瀬のフクギ並木・美ら海水族館ドライブ?」(フォートラベルに掲載された記事

(フジテレビ系)とくダネ!で紹介
放送日時:2013/04/02 08:00?09:50


シニア世代の移住計画に密着取材したコーナーで紹介されました。
世界遺産に指定されている城跡です。

フジテレビ系とくダネで紹介
今帰仁グスク跡と紹介されていたので、注目しました。今帰仁グスクという呼び名が知名度を上げてきたのかもしれません。

ノロ職辞令書、北中城村で発見

 

タイムス12.03.17 ノロ職辞令書、北中城村で発見.jpg (沖縄タイムス3/17、記事原文はコチラ

 


2月末で終了しましたが、今帰仁ではこんな企画展をやっていました。

琉球のノロ制度の全貌がわかるすばらしい企画でした

詳細はコチラ
http://rekibun.jp/noroseido.html

琉球のノロ制度の終焉.jpg

 

過去の記事

文化財係のブログ記事を読む

今帰仁城跡周辺の自然

今帰仁村の文化財