お城はどこにあるのですか?

石積みの城壁全体が城です。日本の城郭とは異なり、要塞のような造りで、天守閣はありません。


今帰仁城内には、城主である山北王(サンホクオウ)、側近の武士たち、女官たち、王に仕える側近のものたちが住んでいました。さらに城を支える村人が城下に村を作って住んでいました。それが、今帰仁村、親泊村、志慶真村の3つの村で、城下町といえます。

日本の城と構造は違いますが、城主を頂点として、人々の生活が営まれていたという点で、立派に城として機能していたといえます。

今帰仁城跡と周辺には、人々の生活していた空間や登城道、祭祀施設などがすべて遺跡として保存されています。2009年にこれらの周辺部分が史跡に追加指定され、周辺遺跡と呼んでいます。