井戸はあったのですか?

今帰仁城内に井戸はありません。


主郭の発掘調査では井戸のような円形の遺構が検出されていますが、用途は不明です。御内原(うーちばる)には、拝み用の井戸が造られています。ソイツギの御嶽(うたき)には、小さな井戸のような窪みがあります。しかし、いずれも水の出る井戸ではありません。

水に関わる名称としては、カラウカーとカーザフがあります。カラウカーは岩の窪みで、常に水を湛えていたと伝えられていますが、雨水をためていたと考えられます。カーザフは水のある谷間の意味と考えられますが、水があったかどうかは不明です。

今帰仁城で使う水は、志慶真川、志慶真ムラ(今帰仁城後方のムラ)の井戸、親川(エーガー、今帰仁城近くの湧水)から汲んでいたと考えられます。