拝んでいる方がいますが?なぜですか?

拝んでいる姿は見慣れない方にとっては、何だろう思うかもしれませんね。今帰仁城は城として機能していたときから、城内に御嶽(うたき)や拝所がありました。


拝みする人々国の繁栄、航海安全、五穀豊穣、雨乞いなどを琉球の神々に祈願したのです。

今帰仁城は薩摩による琉球侵攻の後、1665年に廃城になりますが、廃城後は人々に聖地として崇められるようになっていきます。

現在、拝みに来ている人によって、3種の場合が考えられます。

拝む人々 拝む時期 備考
門中(もんちゅう)の拝み 3年、5年、7年おき。秋におこなう。 1800年代に始まったとされる拝みの行事
字による拝み およそ1月に1度 各字でおこなう
個人の拝み そのつど 一人?家族単位