クチナシ(Gardenia jasminoides)

樹高1-3mほどの低木。花には強い芳香があり、学名の種名「jasminoides」は「ジャスミンのような」という意味があります。このクチナシを利用する動物に、イワカワシジミ(シジミチョウ科)というチョウの仲間がいます。このチョウの幼虫は、クチナシのつぼみや果実などを餌とします。今帰仁城跡周辺では、ハンタ道沿いに自生し、ちょうど今の時期に白くきれいな花が咲いています。運がよければ、チョウに出会うことができるかも・・・・・。

KUCHINASIP1010007.jpg

カテゴリ