翅に蛇の目玉模様のあるリュウキュウヒメジャノメ

翅に蛇の目玉模様があることから、ジャノメチョウと呼ばれています。今帰仁城跡やシイナ城跡周辺で、普通に観察できます。このチョウの幼虫の餌(食草)は、チガヤ、ススキなどです。食草がどこにでも見られることが、このチョウが広い生息域をもつことと関係しているのかもしれません。

ryuukyuuhimejanome_1767.jpg

カテゴリ