派手な色彩のホタルの幼虫

このイモムシの正体をご存じでしょうか?実は、これはホタルの幼虫なのです。名前は、タテオビクシヒゲボタル。陸生ボタルで、幼虫の餌は何とミミズです。ミミズを鋭い大あごの一撃で麻痺させ、食べるのです。成虫は、12月から1月にかけて出現します。最近、久米島の個体群が、新種記載されました。夜間に、幼虫が発する光は、非常に強く、遠くからでも確認できます。今帰仁城跡周辺でも確認できます。

tateobikusihigebotaru_2193.jpg

image14.jpg

カテゴリ