オキナワスジボタル(ホタルの仲間)の成虫

この虫は、オキナワスジボタルです。体長は8mmから1cm前後で、沖縄でオキナワマドボタルと同じく、普通に観察できる陸生ボタルです。幼虫の時は、小さなカタツムリを食べて成長し、4月位から発生します。今帰仁城跡周辺でも生息しています。左側の写真が、背面からのもので、胸がオレンジ色であるのがわかります。右側が腹面で、白い部分が発光器で、ここの部分を光らせ、オスとメスでコミュニケーションをとります。

okinawasujibotaru_2151.jpg okinawasujibotarufukumen_2149.jpg

カテゴリ