身の青いカタツムリ

殻(カラ)は透明ですが、身の色が青いカタツムリ。名前を「アオミオカタニシ」といいます。タニシといわれるのは、貝の入口にフタがあるからです。主に、木の上などにいることが多いカタツムリ。シイナグスクで、本種を確認しました。

aomiokatanisi_2227.jpg

カテゴリ