シリケンイモリ

全長が、10-15cm。尾の先端がとがり、剣のように見えることが和名や英名の由来となっています。

体内にテトロドトキシンをもち、腹面の鮮やかな色彩は警告色になると考えられています。

食性は動物食で、昆虫類・節足動物・ミミズ・両生類の幼生などを食べます。雨天時に獲物を求めて、地表を徘徊することもあります。今帰仁城跡周辺では、主に志慶真川沿いで多く生息しています。

sirikenimorisikemakawa_2296.jpg sirikenimorisikemakawa_2301.jpg

カテゴリ