ヨツモンカメノコハムシ

ノアサガオやサツマイモの葉に、小さな穴がたくさんあいていることがあります。その仕業は、この虫です。上ばねのへりに、4個の黒い模様のあるのが特徴です。

カメノコハムシ、ジンガサハムシと呼ばれている仲間は、上ばねと胸のへりが、下に向かってせり出しています。危険を感じると、脚と頭部をこの下にかくして、ピッタリと葉の上にふせてしまいます。まるで、甲らの中に入った、カメのようにも見えます。今帰仁城跡周辺にも、多く見られます。

jingasahamusi_2071.jpg

カテゴリ