ワラジムシ

葉っぱの上に、誰がワラジを片方のみ置いたのでしょう? これは、人間がはくワラジ、ではなく、ワラジムシです。体長が12mmほどの動物で、主に人家周辺の石の下などで普通に見ることができます。上から見ると楕円形で、「ダンゴムシ」とは異なり、前後が狭まります。ヨーロッパ原産で、世界各地に広がり、日本では本州中部以北および沖縄で見つかっています。クワズイモの葉の上に静止している個体が多く観察できました。今帰仁城跡周辺で、多く生息しています。

warajimusi_1952.jpg

カテゴリ