イシガケチョウ

成虫のはねは、前後に細長い独特な形をしており、後ろばねには羽化したときから破れたような切れ込みが入っています。食樹は、イヌビワの仲間、ガジュマル、オオイタビなどで、沖縄では食樹が多いこともあり、最もよく目にするチョウの一つです。昼間に、追尾しながら、クルクルと上空へ舞い上がっていく個体が観察されます。今帰仁村でも多く生息し、写真の個体は乙羽岳で観察しました。

isigakechou_2354.jpgisigakechou_2355.jpg

カテゴリ