ヒカゲヘゴ

沖縄といえば、この植物を連想する人が多いでしょう。やんばるの山を特徴づけるこの植物は、木性のシダ植物で、「ヒカゲヘゴ」といいます。シダ植物というと、山菜のワラビやゼンマイが有名ですが、大きさがはるかに大きく、葉も大きく展開します。古くなった葉が幹から落ちた跡が、目玉模様のように幹に残るのが特徴です。今帰仁村乙羽岳で、多く自生しています。

hegooppadake_2366.jpg hegooppadake_2373.jpg

カテゴリ