アリとケマイマイの仲間

アリ(アシナガキアリ)とケマイマイの仲間が、対峙していた。アリの大きさが1cm前後ですので、カタツムリの方の大きさも小さいことが分かります。しかし、このカタツムリ、小さいのにもかかわらず、既に立派な毛が生えています。なんとも、不思議ですね。今帰仁城跡周辺にも、多く生息しています。

kemaimaitoari_2266.jpg

カテゴリ