ササキリの幼虫

体長が4mm前後の赤黒の体色(ツートンカラー)が目立つこの虫の正体は、なんでしょうか。正解は、ササキリというキリギリスの仲間の幼虫です。この幼虫の時期の体色は、老齢幼虫になると消えてしまいますが、他の種には見られない特徴です。しかし、この目立つ色にどのような意味があるのかは分かっていません。今帰仁城跡周辺では、ハンタ道に生息しています。

sasakiriyouchuu_3392.jpg

カテゴリ