フタイロハムシ

体長が8mm前後のハムシの仲間で、成虫はウリ類の葉や花などをよく集団で食べています。オレンジ色の上ばねには、よく目立つ黒い星が見られますが、この星の数が生息している地域によってちがいます。沖縄本島と奄美大島では、大小6個の模様です。なかには、全く星がないものもいるらしいです。

今帰仁城跡周辺では、ハンタ道や馬車道沿いでよく観察されます。

futairourihamusi_3372.jpg

カテゴリ