オキナワヤマキサゴ

殻の大きさが5mmと大変小さなカタツムリ。アオミオカタニシやオキナワヤマタニシと同じように、触角の付け根に目があります。雨の日の翌日に、クワズイモの葉の上で活動していました。今帰仁城跡周辺では、主にハンタ道に生息しています。

katatumuri_1962.jpg

カテゴリ