アヤモンチビカミキリ

こちらはアトモンチビカミキリよりは少し大きく、体長が10mm前後のカミキリムシです。このカミキリムシも枯れ枝そっくりで、逆さ状態でじっと茎に静止しているので、枝と区別がつきにくいです。今帰仁城跡周辺のハンタ道で、観察されました。

chibikamikiri_3366.jpg

カテゴリ